Q&A・・・
  Q1.スリップセーフで処理する一番のメリットは何ですか?

~外観を損なうことなく、また誰でも簡単に、滑りにくくて安全な床に改善できる点だと思います。

  Q2.スリップセーフで処理した床の防滑効果はどのくらい持続しますか?

~スリップセーフは、床面に何か特殊なものを塗るのではなく、表面に直接目に見えない小さな穴をあけるという化学的な処理をしますので、歩行の頻度や環境によって異なりますが、処理面の摩耗が進む3~4年を目安としています。

  Q3.スリップセーフで処理した後、歩行できるまでどのくらい時間がかかりますか?

~作業は表面を洗浄するだけで、歩行禁止にする必要など全くありませんから、店舗や商店街、駅などでもお使いいただけます。ただ、作業中は足元が濡れていて、すべりやすい状態ですので、一応、お客さまには注意を呼びかけていただいた方が良いかと思います。

 
  Q4.スリップセーフでガラスや樹脂製の床を処理することはできますか?

~処理剤が浸透しない材質には効果がありませんので、そのような場合は滑り止めのシ-ルなどを表面に貼るかマットなどを敷く方法をお勧めします。

  Q5.雪が積もった時や、凍結した時にも滑りを防ぐことができますか?

~表面に雪や氷があると、靴裏と床面が直かに接しないため効果はありません。
お湯や融雪剤などで早いうちに雪や氷を融かしていただくことが必要です。

  Q6.スリップセーフで処理した後、メンテナンスはどうしたら良いですか?

~表面に土埃やワックスが付着したりすると効果がおちてしまいますので、普通は水洗いをして下さい。また浴室や温泉などでは、石鹸の油脂分や成分などのヌメリが付着することが有りますので、その場合は1~2ヶ月に1回、メンテナンス用のC液を使って洗浄して下さい。

  Q7.メンテナンス用のC液というのは、どういうものなのですか?

~表面処理をする液剤Bを扱いやすくしたもので、表面の目詰まりの原因となるワックスや石鹸の油脂分などを強力に浮き上がらせて洗浄する効果を持っています。スリップセーフの効果が落ちてきたと感じた時や浴場の床の洗浄にご使用いただくことをお勧めしています。

  Q8.スリップセーフ処理をする時に特に注意する点を教えて下さい。

~スリップセーフは、①表面調整②防滑処理③中和洗浄の三段階のステップを経て安全に作業できるようにしてありますが、PH度からいうとかなり強い酸性の処理剤を使いますので、皮膚の弱い人はゴム手袋や長靴を着用し、また飛沫が目に入らぬよう注意して下さい。また、他の薬品や洗剤と混合すると有毒ガスが発生することがあり、危険ですので絶対に行わないで下さい。

  Q9.効果が十分発揮するよう、作業をする上でのコツがあったら教えて下さい。

~処理剤のB液を噴霧する(塗る)時に、表面を十分乾かしてから行うと液剤がよく浸透して効果が出やすくなります。また、材質によってはすぐに効果が表れないことがありますが、もう一度処理することで効果が確実に出せます。

  Q10.処理後に表面が変色したりすることはありませんか?

~よく研磨された石の表面は、艶を落としてしまいますので、あらかじめ目立たない個所で確認して下さい。特に黒や赤といった色の濃いもの、一部の輸入タイルの中には、白っぽくなる時がありますので、液剤をムラのないように塗り付けて下さい。

  Q11.スリップセーフで処理すると、完全に滑らなくすることができるのですか?

~スリップセーフは、完全に滑らなくするものではなく、摩擦を適度に高めるための製品です。走ったり、また履き物によっては効果が十分出ない場合がありますので、必要に応じて注意を促すような表示はしていただきたいと思います。

  Q12.スリップセーフは液剤を販売するだけですか?

~ご要望に応じて、当社でも施工処理をいたします。ご予算については、処理する面積によって異なりますので、遠慮なく見積もりをお申しつけ下さい。

  Q13.他社の防滑剤との違いは何ですか?

~スリップセーフは、中和剤と処理剤の2種類の液を使って誰でも安全に施工することができますし、専用のメンテナンス剤をセットしてありますから、効果を長期間持続させることができます。

  Q14.スリップセーフを注文したい場合は?

~スリップセーフは市販されておりませんので、直接当社まで電話またはFAXにてご注文下さい。
商品はご指定の場所へ宅配にて発送させていただきます。なお、代金は商品の到着後、請求書を発行させていただきますので、お手数をおかけいたしますが、振込みにてお支払い下さい。